Category: ゲーム紹介


2014年10月30日 追記
未だにこの記事がweb検索でひっかかるようですが、まともなレビュー記事ではありません。
当時の妬みとか苛立ちからこんな糞記事書いただけなので気にしないでください。

続きを読む

広告

CREO softwareが「学校にいこう!」体験版のDL配布を開始しました。


「学校にいこう!」製品ページのダウンロードからどうぞ。

こみトレで配布したものと同様のものです。未プレイの方はぜひぜひー。

関連リンク
・CREO software

自分が所属しているゲーム制作サークル”CREO”が、1.15にインテックス大阪に開催されるこみっくトレジャー19に参加します。
スペース:Z-27b
サークル名:CREO
新作ノベルゲーム3本、今春公開予定の作品体験版2本、既作1本を頒布予定。

新作
現代魔奇譚ADV「月夜に彼女は微笑んで」 300yen

「MARINE」 300yen

戦争ドラマ「東の龍が堕ちるとき」 200yen

体験版
SFミステリーノベル「LOOT」 100yen

青春学園ADV「学校にいこう!」 0yen

既作
「A・Iをオシエテ」 300yen

「学校にいこう!」の体験版は無料なので、お暇な方はぜひ。
サークル入場するので、近くの方々に挨拶しないとなー。

 数年前に基本無料のオンライン音ゲーとして人気のあったDJMAX。PSP版が出たり、PC版のTRILOGYとかがでたりしてましたが、アーケード版としてDJMAX TECHNIKAがあります。曲はオンライン時代のものも一部含まれていますが、完全に別ゲー。日本ではPENTAVISIONの代わりにKONAMIがTECHNIKAを展開しています。

プレイ画面

 DJMAXは曲はもちろんのこと、アニメーションも結構人気があります。

 お気に入りの曲”I Want You”

 とりあえずLPとPPで気に入った曲を繰り返しプレイしています。オンライン時代からの曲では”Jupiter Driving”や”Oblivion”、”Miles”。オンラインになかった曲では、”I Want You”や”Melody”、”In My Dream”などをプレイしています。今の自分はPPの☆5か6の曲がミスりながらも楽しく感じる程度。”SIN”も好きですが、バーが速すぎて9割右手でプレイする自分には無理ゲー。バー無しでプレイしてる人を見てスゲーと思いました。

 京都では河原町のラウンドワンの1階音ゲーコーナー(ポップンの隣)にあります。player nameはKINUMUSH。ほとんど左手使ってない下手くそな奴がいたら絹虫です。


 TECHNIKAのOSTは絶版になったため日本ではまず手に入らなくなっていますが、たまたまヤフオクで発見し、即落札しました。届くの楽しみです。実家帰ってる間は秋田駅付近の某ゲーセンにも奇跡的にTECHNIKA置いてるらしいので、多分ソコにやりに行きます。実家から電車と徒歩あわせて1時間近くかかりますけど。

関連リンク
DJMAX TECHNIKA – BEYOND THE FUTURE(日本公式サイト)
DJMAX TECHNIKA wiki(日本wiki)
DJMAX TECHNIKA – BEYOND THE FUTURE(韓国TECHNIKA公式サイト)
DJMAX GATE(韓国DJMAXシリーズ公式サイト)

 SteamでAlice:Madness Returnsを購入。Steamでも日本語字幕つきます。

Alice:Madness Returns on Steam

 3DアクションゲームはFPSを除けばキングダムハーツくらいしかやったことなかった人間ですが、結構お手軽。難易度ノーマルでやっていて、今のところ詰まったところはありません。回避行動とれば大半の行動は避けることができます。操作はキーボードでも全く苦にならないアクションゲーム。移動もWASDでできるので、なれるとFPSと同じ感覚でプレイ可能。

 まだ1章のみ。1章を3周したのに記憶とかコンプできていないなんて…。とりあえずAliceの横顔かわいい。コンフィグファイル弄って色々変えないとかなりやりづらいので、やるなら最初にマウス加速切ったりFPS制限切ったりするのが吉。

 いつもBlackopsしかやってないので、たまに別のゲームやるのも面白い。

 Steamでたった9.99USDで買える、”Minecraftの2D版”とも呼ばれているゲーム「Terraria」。3日前に購入しました。
 ムービーやSSはコチラ → Steam : Terraria
 木を切ったり地面を掘ったりして素材を集めて加工し、家や家具、装備を作ってどんどん深い所へ行ったり、レアものを探したりするゲームです。
 一人で黙々と掘っていてもそこそこ面白いですが、真髄はマルチプレイ。1人が決められたポートを開けてホストになれば、誰でもマルチが可能。いくら死んでも金が撒かれるだけでほとんどペナルティは無いので、どんどん地中深くまで進んでいけます。掘り下げていく人、地中に休憩所を作る人、地上から素材を運ぶ人などに役割分担をして効率よくプレイできます。
 安いしやりこみ要素もかなりあるようなので、ぜひともプレイしてみては。

 サークルHelzenklangが制作したフリーノベルゲーム、monologueが3.19に公開されました。

 立ち絵は無く、一枚絵だけで進みます。絵・音楽結構いい感じ。短い話ですし、気が向いた方はやってみては?
 吉里吉里/KAGで作られてるんですが、システム面はまぁ…某吉里吉里本のサンプルをほぼそのまま使っているようで、右クリックから出るとBGMが最初からになったり。あとコンフィグ画面が無いので、メニューバーから文字表示スピードとか消さないでほしかったです。もう少し手間をかけても良かったような。


 CoD:BOマルチプレイが7周目に突入。ENFIELDにサプレッサー付けて、照準安定もがなかなか良いかもと思い始めた絹虫です。腰だめでも当たるAR強い。ところでリスポーン改善はもう無いんでしょうね。湧いた直後に背中から撃たれると一気にやる気が失せる。あと火の中に湧いてすぐ死ぬのも酷い。
 Hitman: Blood MoneyはPROで全てのミッションクリア。一度クリアすると敵の位置とか大体判るのでかなり楽。
 Portal2発売まであと一ヶ月もないですな。
 今度の日曜(3.27)は京都のみやこメッセVOCALOID PARADISE5MUSIC COMMUNICATION3とかが開催されるので、それに行くつもりです。同人音楽のサークルが結構集まるので興味のある人は行ってみてはいかがか。Key関連の同人イベントも同時開催。
関連リンク
・VOCALOIDオンリーイベント 「VOCALOID PARADISE」
・【音系(同人音楽・演劇系)オンリーイベント】 MUSIC COMMUNICATION
・Keyパーティー OfficialWeb